坐骨神経痛・ヘルニア|東成区・緑橋駅の山口鍼灸整骨院

山口鍼灸整骨院 06-6975-8739

アクセス

受付時間

LINE

坐骨神経痛・ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 坐骨神経痛に悩まされている
  • 病院で椎間板ヘルニアと診断を受けた
  • 下半身に痺れを感じる
  • ヘルニアの手術を受けたくない
  • 電気が流れるような痛みを感じる

坐骨神経痛の原因とは?|東成区緑橋駅の山口鍼灸整骨院

坐骨神経痛とは、腰から足に走っている「坐骨神経」が、圧が掛かったり、刺激されることによって起こる痛みや痺れのことです。こういった坐骨神経痛は、年齢が高めの方に多く見受けられ、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ足に対し、痛み・痺れ・締め付け感といった症状が表れます。

ただ、坐骨神経痛はあくまで「症状」であり、「病名」ではありません。
坐骨神経が、圧がかかったり、刺激されることによって起こる痛みや痺れのことを坐骨神経痛と言い、坐骨神経痛を圧がかかったり、刺激する箇所によって病名は変わります。

例えば、背骨の構成要素である、椎骨と椎骨の間に位置する椎間板が外にズレたり、出たりしてしまうと「椎間板ヘルニア」という病名となり、「椎間板ヘルニア」が坐骨神経痛を生じさせる原因となります。よって、坐骨神経痛を根本的に解消するためには、坐骨神経痛を生じさせている原因を究明し、取り除く必要があります。

椎間板ヘルニアとは?|東成区緑橋駅の山口鍼灸整骨院

先ほど少しご紹介しましたが、「椎間板ヘルニア」を発症する患者様は近年増加している傾向にあり、特に20~40代の男性の割合が多いです。椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間に位置する椎間板が外にズレたり、出たりしてしまう状態のことを指します。椎間板ヘルニアが悪化すると、腰や足の痛み、しびれ、さらには足の感覚が無くなったり、足が動かなくなってしまうこともあります。

坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの治療法とは|東成区緑橋駅の山口鍼灸整骨院

坐骨神経痛を根本的に解消するためには、神経の圧迫を緩和する必要があります。坐骨神経痛を生じさせる大きな要因として、骨格・骨盤が歪んだまま、お身体にとって負担がかかった状態のまま、日常生活を過ごしていることが挙げられます。よって、坐骨神経痛を解消するためには、骨格・骨盤を正常な位置に戻し、お身体を負担のかからない状態に戻す必要があります。

椎間板ヘルニアも同様です。椎間板ヘルニアを治すためには、手術を受けなくてはならないと考える方は多いですが、一概にそうとは言えません。なぜなら、手術を受けることで一時的に椎間板ヘルニアが治っても、骨格・骨盤の歪みを解消しなくては再発する可能性が高いからです。

東成区緑橋駅の山口鍼灸整骨院は、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアの治療に自信があります。
坐骨神経痛、椎間板ヘルニアでお悩みの方は、東成区緑橋の山口鍼灸整骨院にご相談ください!